福祉車両改造ブログ

HOME » 福祉車両改造ブログ » 

ブレーキの踏み間違い事故が無くなるかも?手動式補助ブレーキってなに?

2017年2月19日(日) | 福祉車両改造ブログ | コメント:0

先日、東京とお話をしていると最近、障がい者向けの手動運転装置が違う用途で売れた・・・

という話がありました。

売れた商品がこちら・・・

イタリア・KIVI社の手動運転装置、アクセルリング&L901ブレーキシステムです、

もっと詳しく言いますと、このシステムのL901ブレーキシステムのみです。

写真のハンドルの右側に普通のクルマにはついていないレバーが見えますでしょうか?

これが手動ブレーキです。

実は、当社でもKIVI社のアクセルリングシステムの販売の第一号の前に、高齢者の方向けの

補助ブレーキとしてL901ブレーキシステムを製作したことがあります。

京都の方でしたが、以前からアクセル、ブレーキの足の移動に支障があり調子のいい時は

足で操作ができるのですが、長く乗っていたりすると疲れてきてスムーズに

アクセルブレーキの足の移動ができないとのことでした。

前の車は他社さんで特注の補助ブレーキを製作してもらい取り付けておられましたが、

新車のトヨタ・アクアに乗り換える際に前回の改造業者さんに断られたとのことで、

当社にご相談に来られたというわけです。

その時の写真がこちらです。

稀なケースですが障がい者用の製品が高齢者の方の運転にも役立ったという例です。

高齢になられても家庭の事情、地域の事情、様々な事情で車に乗らざるを得ない方々が

まだまだたくさんおられます。

残念な高齢者の方のアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故も多発し、免許の返納

など話題になっています。

しかし、当社としては違う角度から、安全に乗っていただくために新しい手段をご紹介したい

そんな思いでこのブログを書いています。

安全に運転していただく方法の一つとしてご認識いただければと思います。

また、この手動式補助ブレーキは、基本、利き手側つまり右手(逆の方もおられますが)に

付けますが逆に左側に付けると助手席側から手を伸ばせば補助ブレーキに手が届き、

危険を回避することも可能になります。

常日頃からこの補助ブレーキを使用していただくと、踏み間違いによる事故も無くなるかもしれませんね。

このブログについてのお問い合わせはヒカル自動車工業の阪田までお気軽にどうぞ

072-444-2311

 

Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ブレーキの踏み間違い事故が無くなるかも?手動式補助ブレーキってなに?
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせフォーム